神奈川県高校入試対策 東京都高校入試対策
小論文通信講座 国語塾
中学受験 国語専門塾 小論文 AO入試対策
思鋭館オフィシャルホームページ
相互通信Web講座
top01
コラム
2016/11/22

国語読解問題を解くときにどうやって速読を使うの?

速読って、ななめ読みとか、飛ばし読みとか、と思われている方たくさんいるようです。

 

でも、ななめ読み、飛ばし読みをしても国語の読解問題に使えません。

速読と一字一句読んでいく読み方との違いとは何でしょう?

 

 

たとえば、街に出て「吉野家」の看板を見たとします。

いちいち「よ し の や」と一字一句読まなくても

看板を見ただけで、「吉野家」という事がわかります。

 

このように、速読とは、「見てわかる」の繰り返しなのです。

 

読むのが苦手で遅い子は、視点が一つの文字に集中しています。

視野が狭いので、次に何が書いてあるか?視線を動かすまでわかりません。

 

速読が出来る子は、視野が広く、全体を見ることができます。

次の文字、次の文字と視点をいちいち動かさなくても、まとまりで理解することができるのです。

 

すると、読解問題で7文字の書き抜きのことばを探すときでも、視野が広く全体を見ていると見つかるのも速いのは当然です。

 

また、視野が広いと精神的な落ち着きにもつながります。

 

速読ができるようになると、

本が速く読める、問題の答えが速く見つかる、

そしてさらに精神的にも落ち着きが出てくるのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
国語専門塾 思鋭館
http://shieikan.jp/
住所:〒245-0008 神奈川県横浜市
泉区弥生台25-7
TEL:045-811-1613
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カテゴリー